ベンツ関西.COM

 
ベンツ関西

 

ベンツの塗装の技

 

Top> ベンツ関西.COMの特徴> ベンツの塗装の技

数々のデリケートな肌を持つ外車を直してきた高い技術力と設備が認められ、当社はヤナセBP(ボディ修理・塗装)システムの指定工場に認定されています。 もちろん価格面でも、中古パーツの使用など経済的な方法を提案させていただきますのでご安心ください。

塗装は簡単に言えば色を塗ることですが、仕上げまでにはいろいろな工程があります。これらの作業の工程を省いて仕上げれば価格も安くできるかもしれませんが、当社ではきれいに仕上げ、時間がたっても美しさを維持できるように、作業を省かず作業を行います

付属品の取り外し

ドアミラーや、ドアのモールなど取り外せる部分は取り外して塗装します。

取り外しせずにテープで覆いをするマスキングで作業をした場合、どうしてもテープの境目がうまく塗れなかったり、マスキングの境目で塗装がはげて来たりしてしまいますので、手間はかかりますが付属部品は取り外して作業します。

ベンツの鈑金 付属品の取り外し

下地(サフェーサー)/足つけ

車の塗装は、下地、色塗り、クリアと3回行います。
また、下地と色塗りの前には足つけという作業を行います。足つけとは塗装面に傷をつけて塗料の乗りをよくする作業で欠かせないものです。単に色を塗るだけと思われがちですが、塗装にもさまざまな工程があり、それぞれ意味がありますので手抜きはできません。。

調色

塗装の作業の中でもっとも重要なのが、色合わせと言われる調色です。
オプシディアンブラック(197)など各色ごとにデータベースに登録された情報に合わせて調合していくのですが、日焼け等により色が異なってくるためデータベース通りの色をそのまま塗れることはありません。
新車でも工場や生産時期によって若干色が異なっているのが実情で、いかに車ごとの色を合わせるか(調色)が仕上がりを左右します。

塗装

脱脂、ベースコート、クリアコートの順に作業していきます。
塗装ブースで塗るときれいといいますが何が違うのでしょうか?
空気中には眼には見えませんが無数の埃が漂っています。この無数の埃は塗装には大敵で、埃が塗料面に入り込むと以下の写真のように小さな傷のようになってしまいます。
(右の写真、蛍光灯のライトの真ん中あたり)
埃を噛んだ塗装

当店のポイント!!

当社では塗装ブース内で行うので埃がつきにくく、きれいに仕上がります。白い服は防塵服といって、ほこりを防ぐために着用しています。 塗装ブースでは、上から風が出て下から吸い込まれる様になっているのですが、フィルターの目が詰まると空気の流れが途切れて埃の発生の原因になります。当社では空気の流れにも気を使いこまめにフィルターの取り換えをしています。
元塗料メーカーのデモンストレーターをしていた工場長を筆頭に職人集団が丁寧に作業を行います。塗装クレーム率1%以下の実力をご自身の目でお確かめください。
仕上がりは奇麗でなおかつ割安な価格を望まれる方は是非お問合わせ下さい。

サイト内コンテンツ

ベンツ関西 TOPページへ 
当社の特徴へ
サービス一覧へ
キャンペーン情報へ
会社概要へ

インフォメーション

住所

〒572-0077
大阪府寝屋川市点野5丁目21番8号
»地図はこちら
»Google地図

電話番号

0120-38-7714 (フリーダイヤル)
072-838-1314

営業時間

9:00 - 17:30 (休業日:日曜日、祝日)

サービス一覧

車検、鈑金、塗装、修理、
事故対応(保険会社との交渉含む)

こんな方にお勧め

事故に合われた方
へこみ、擦り傷を直したい方
車の調子が悪い方
オークションで車を買われた方
車検・点検
安くきっちり直したい方
ベンツの中古パーツをお探しの方

ベンツ関西サイトトップ
会社概要


(PC版)ベンツ修理の「ベンツ関西.COM 」

▲ページのトップへ
(c) 株式会社大衆自動車商会
ベンツの中古パーツなら